TOP >  住宅用太陽光発電システム

住宅用太陽光発電

太陽光発電システムとは、簡単に言えば屋根や土地などに設置した太陽光発電パネルが太陽の光に反応し、 電気を発電し家庭で使用して、余った電気を電力会社へ売るというシステムです。

現在、世界中で深刻化されている地球温暖化。もし今のままの生活を続けていけば二酸化炭素が急激に増えて、 今よりももっと地球温暖化が進むといわれています。 太陽光発電システムを設置することによって太陽の光という自然エネルギーを使うことができるので二酸化炭素の排出を減らし、 快適な生活を保てるということで、太陽光発電システムが今注目を集めています。

太陽光発電システム動作イメージ

太陽電池モジュール

屋根に設置した太陽電池モジュールで太陽の光から電気をつくります

接続箱

太陽電池モジュールで作られた直流電力を集めてパワーコンディショナーへと送ります

パワーコンディショナー

接続箱で集めた直流電気を家庭で使えるように交流電気に変換します

分電盤

パワーコンディショナーから送られた電力を家庭内の電気製品に流します

電力メーター

消費した電気と売った電気を計測します

発電モニター

毎日の発電量と消費電力を表示します

太陽光発電は、太陽光パネルに太陽光が当たることで発電した直流電力をパワーコンディショナという装置にて、 家庭電力として使用できる交流電力に変換後、分電盤を通って様々な家電製品に供給される仕組みになっています。

複雑そうに見えますが、一度設置さえしてしまえば電気の発電から売電まで自動的に行われます。 売電も自動的に指定口座に振り込まれるため余計な手間などないのも太陽光発電システムのメリットの1つです。

発電した電気を売ることができる余剰電力買取制度

イメージ図 一日のうち、電気代が高めの昼間の電力を太陽光発電でまかない、 太陽光パネルが電気を発電できない夜間は昼間より安くなる電気を電力会社から購入する。

そうすることで、さらに光熱費が安くなります。
さらに、昼間に太陽光発電システムが発電した電力で使わずに余った電力はそのまま電力会社に買い取ってもらえます。 逆に夜間や発電量の少ないときは、今まで通り商用電力を買って電気を利用することができます。