TOP >  IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーター

火を使わないから加算の心配が少なく、安心してお使いいただけます
「大火力」「使いやすさ」「クリーン」そして「経済的」なIHクッキングヒーター。

熱効率が良く、立ち上がりが早く、強い火力を得られ、光熱費もだんぜんお得。 ガスを使わず電気のみで稼働するので、火を使わないから火災の心配が少なく、高齢者や小さなお子様でも安心してお使いいただけます。 温度調整も簡単にすることができるので扱いやすいのもIHクッキングヒーターの特徴のひとつです。

IHクッキングヒーターとは

IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)のこと。

IHクッキングヒーターの内部には、磁力発生コイルが取り付けられており、このコイルに電流を流すと周囲に磁力線が発生します。
そこに鉄やステンレスなどの金属製の鍋を置くと、鍋の底に渦電流が発生し、 この渦電流と鍋の電気抵抗によって、鍋自体が発熱する仕組みとなっています。 だからこそ熱効率が良く、立ち上がりが早く、強い火力を得られます。

ビルトイン3口IH3口すべてIHのスタンダードタイプ

3口ともIHなので、お手入れのしやすさなど、使い勝手がさらにアップ。
IHクッキングヒーターの良さをより実感していただけます。 手前2口のIHは3.0kW、後ろIHは1.5kWで十分な火力。 IHが得意な安定したトロ火料理はもちろん、煮込み料理やソースづくりなど本格調理にも使えます。 3口IHをフルに使って毎日の料理がテキパキこなせます。

ビルトイン2口IH+ラジエント少量の調理やあぶり物などに最適

IHで使えないお鍋などを今までのガスの火のように使う事ができるヒーターがラジエントヒーター。
ラジエントヒーターでは、専用の網を使ってIHクッキングヒーターでは不可能な「海苔を炙る」「餅を焼く」といったことができます。 ビルトイン2口IH+ラジエントの特徴としては3口IHクッキングヒーターと比べて本体の値段が安くなるのも大きな魅力です。

据置2口IH既存のガステーブルと置き換えるだけの簡単設置

据置タイプの特徴の1つとして低価格で設置が可能ということです。
他にも据置タイプのIHクッキングヒーターは、既存のガステーブルと入れ替えるだけなので、手軽に取り替えることが可能です。 電源をガスから電気に変更する必要がありますので、電気工事は必要です。

エコキュート製品は大きく分類して4種に分かれています。 使用されるお風呂の給湯タイプの違いによります。機能を優先するのか価格を優先して決めるのかでタイプを選ぶ必要がございます。

※各メーカーによりタイプの呼び名が異なる場合がございます。

フルオートタイプすべてお任せのらくらくタイプ

ボタン一つで「お湯張り、保温、足し湯、追い炊き」を全自動で行えます。 お湯が少なくなったり、ぬるくなったりしたら自動的にお湯を足したり、 暖めたりしてくれますのでストレスなく快適にお風呂を楽しむことができます。

セミオートタイプ手動で動かす経済タイプ

フルオートで自動でやっていた「お湯張り、保温、足し湯、追い炊き」を手動で行います。 必要な時にだけ「足し湯」などをすれば経済的メリットがありますが、 デメリットとしては手動でしなくてはならない面倒さがあります。

給湯専用タイプシンプルな使い方

従来の浴槽と同じように蛇口をひねってお湯を沸かします。 給湯専用は設置が簡単でシンプルな構造をしているので価格も安く壊れにくい特徴があります。