TOP >  エコキュート

エコキュート

環境によくて光熱費もでき、経済メリットの高いエコ商品
オール電化生活でおすすめがエコキュートです。

エコキュートは大気の熱を利用してお湯を沸かすシステムです。 効率よくお湯を沸かし、貯めて使う貯湯式給湯機です。 一般家庭で使うエネルギーの約30%は給湯で使用されています。
電気温水器に比べ必要な電気エネルギーは約1/3に!エコキュートを導入するだけで、 オゾン層破壊係数ゼロの自然冷媒(CO2)を使用し、大気の熱でお湯を沸かします。 環境によし、省エネ、そして、経済的メリットが高いことがエコキュート導入のポイントです。ぜひ、ご活用下さい。

エコキュートとは

エコキュートは、屋外の空気中にある熱を集めてお湯を作る給湯システムです。 空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、 その熱を水に伝えてお湯を沸かす仕組み(ヒートポンプ)を活用した電気給湯機。 空気の熱を上手に利用するので、効率良くお湯をつくります。

また、溜まったお湯は、電気によって保温されているのではなく、 断熱材によって保温しているので非常に効率の良い省エネ機器と言われています。

タイプ別エコキュートの種類

エコキュート製品は大きく分類して4種に分かれています。 使用されるお風呂の給湯タイプの違いによります。機能を優先するのか価格を優先して決めるのかでタイプを選ぶ必要がございます。

※各メーカーによりタイプの呼び名が異なる場合がございます。

フルオートタイプすべてお任せのらくらくタイプ

ボタン一つで「お湯張り、保温、足し湯、追い炊き」を全自動で行えます。 お湯が少なくなったり、ぬるくなったりしたら自動的にお湯を足したり、 暖めたりしてくれますのでストレスなく快適にお風呂を楽しむことができます。

セミオートタイプ手動で動かす経済タイプ

フルオートで自動でやっていた「お湯張り、保温、足し湯、追い炊き」を手動で行います。 必要な時にだけ「足し湯」などをすれば経済的メリットがありますが、 デメリットとしては手動でしなくてはならない面倒さがあります。

給湯専用タイプシンプルな使い方

従来の浴槽と同じように蛇口をひねってお湯を沸かします。 給湯専用は設置が簡単でシンプルな構造をしているので価格も安く壊れにくい特徴があります。