メッセージ

私たちの使命は 環境のため、地域のために 「善」 いことをする。

日本エコライフ株式会社 代表取締役社長 山森 卓夫

当社は「 動善無私 ( どうぜんむし ) 」を社是とします。

自分だけ良ければいいという心(私心)をなくし、物事に対して善いと思えることを行い続ける人であれという思いを込めています。

経営理念は、「正当な利潤を追求し、社会貢献に寄与し続ける企業作り」、「家族・社員を含め、当社に関わる全ての人の“夢実現”が出来る環境作り」です。

企業は社会貢献をおこない続ける義務があると考えます。そのためには、夢のある未来を創造できる人材とそれを可能にする経営環境が必要であると考えます。

当社は1995年の創業以来、再生可能エネルギーに関わる事業を展開してまいりました。

再生可能エネルギーは、枯渇することのない自然の力を利用することで、半永久的に再生できる持続可能な資源から生まれます。この資源を化石燃料の代替資源とすることは、地球温暖化、オゾン層破壊、酸性雨、砂漠化など環境悪化の対策になるとして、国際的に期待されています。

当社は企業活動による脱炭素社会の形成によって、次世代に引き継ぐ環境を保全していきたいと考えています。

また、再生可能エネルギーはコミュニティにも様々な可能性を見出します。火力発電所や大掛かりな送電網などの大規模インフラに頼ることなく、コミュニティ単位で小規模分散型のインフラを構築することでエネルギーの地産地消が可能となります。

そのための取り組みとして、当社は「再エネ創蓄制御システム」の構築を始めています。再生可能エネルギーで創った電力を、蓄電を含む需給制御に活用する方法は、エネルギーの地産地消に最も適しています。このことが実現すれば、新たな産業として生まれて地域内で経済が循環し、コミュニティはより自立し持続可能なものになると確信しています。

私たちが目指すのは、「エネルギーが紡ぐ TOUGH ( タフ ) なコミュニティの創出」。 当社へのご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成31年3月
日本エコライフ株式会社
代表取締役社長 山森 卓夫

~こちらも合わせてご覧ください~

経営指針